「くまちゃんの楽しい日記」 熊橋武彦(Kumahashi Takehiko)が、大好きな斎藤一人さん・大嶋啓介さん・中村文昭さん・ベトナムと出会い「幸せ絶好調の人生」になった方法を書いています!

熊橋武彦(くまちゃん)が、斎藤一人さん、大嶋啓介さん、中村文昭さんと出会い、「人間力大學」に入って人生が進化した方法を書いています!

斎藤一人

「G-SHOCK」から「ROLEX」へ 斎藤一人さん「金のROLEX」話


<私の宝物「ROLEX」 オーバーホール出しました>
44
平成10年(1998年)9月
当時30歳になる私の誕生日祝いに

「ROLEX」 サブマリーナデイト 16610
当時40万円くらいだったかな?
思い切って購入しました。

購入してからは、仕事の時も休みの日も
毎日毎日16年間大切に愛用してきました。

しかし、ここ2年程は「自動巻き」しなくなり、
手で巻かないと止まってしまうようになりました。

平成26年(2014年)3月23日
16年間一度も「オーバーホール」に出したことはありませんが、
初めて「オーバーホール」に出しました。

平成26年(2014年)5月25日
写真の通り、新品同様にピカピカになった
サブマリーナデイトが戻ってきました。

オーバーホール費用は、58,000円かかりました。
当分夜遊びはできません(笑)

これだけで国産高級時計が買える金額ですが、満足しています。
これからもこの「ROLEX」を大切に使用したいと思います。

<斎藤一人さん YouTube 「金のROLEX」>
mqdefault
https://www.youtube.com/watch?v=b9Vo4R4VBAA
ちょうど「ROLEX」をオーバーホールに出している時に、
私の尊敬する斎藤一人さんの
YouTube「金のROLEX」を聞きました。

商売人は「金のROLEX」を買え!
貧乏人の言うことは誰も聞かない

お金持ちと付き合うには、「お金を持ってるフリ」をする必要がる。
「ROLEX」は、一生価値が下がらない。

私の尊敬する斎藤一人さんが、
「ROLEX」の購入を勧められているとは驚きました。

私も偶然30歳で「ROLEX」を購入することができ、
商売人として、沢山のお金持ちの経営者の皆様と
出会えることが出来ました。

最初に「ROLEX」を購入できた私の環境
両親、嫁さん、親戚、会社、仲間、全てのお客様に心より感謝します。

ありがとうございます。

まだ、金の「ROLEX」は買えませんが、
50歳で買えるように、もっと頑張ります!

<私が「ROLEX」を買えた「G-SHOCK」との出会い>
img1004770664
私が30歳で「ROLEX」を買えるお金が
手元にあった理由は、
実は「G-SHOCK」のおかげなんです。

平成8年(1996年)11月に初めて発売された
写真のプレミアム「G-SHOCK」

「G Presents Lover's Collection
(Gプレゼンツ ラバーズコレクション)」

通称「ラバコレ」を、偶然会社の仲間と一緒に購入できました。

この奇跡がキッカケで、当時28歳で結婚2年だった私と妻は、
完全に「G-SHOCK」にハマりました。

それ以降、兵庫県たつの市に住んでいた私は、
「G-SHOCK」を扱っている
姫路周辺の時計屋、電気屋、ホームセンター、スポーツショップなど、

毎週末オープン時間10時を目指して訪問したり、電話したり、、
レアな「G-SHOCK」探しまくりました。

gsmu02_97 (1)
平成9年(1997年)2月に発売された
「第6回国際イルカ・クジラ会議
(The 6th International Dolphin & Whale Conference)モデル」

いろいろ調査をして、時計店への入荷日を予想して
朝9時から夫婦で店前に並んで、手に入れた記念すべきモデルです。

自分が必要ないレアな「G-SHOCK」は、
購入してすぐに知り合いに売ったり、

当時始まったばかりの「インターネット」で販売を行いました。
定価17,000円の商品は、だいたい倍の34,000円で販売出来ました。

レア商品を手に入れては販売し、
売ったお金で古いレア「G-SHOCK」を購入しました。

img61362733
img61362725
平成9年(1997年)5月に発売された
「W.C.C.S.(世界サンゴ礁保護協会)オフィシャルモデル」
は、「G-SHOCK」ファンの誰もが欲しがる
超レアモデルとなりました。

何度も入手に挑戦しましたが、どうしても自力では手に入らず
インターネットで10万円で購入しました。

a17_f_01201381308488
ユナイテッド アローズ限定モデルは、
はがきによる抽選で、意外と情報が広がっておらず
仲間と一緒に8本ほど購入することが出来ました。

これはすぐにインターネットで販売して儲かりました。

平成9年10月30日
長男(ユウト)が誕生し、
嫁さんは「G-SHOCK」どころではなくなりました。

img1004770666
平成9年(1997年)11月に発売された
「G Present Lover's Collection 1997
(Gプレゼンツラバーズコレクション1997)モデル」

このモデルは発売本数が多かったせいか、
私と仲間で20セット以上入手することが出来ました。

全てインターネットで販売し、
儲けたお金で欲しいモデルを購入しました。

しかし、レア商品が沢山販売されるようになり、
徐々に私達夫婦の「G-SHOCK」への熱が冷めていきました。

平成10年(1998年)9月
子供も生まれ、30歳を迎えるにあたり、

持っていた10数本の「G-SHOCK」を
2本だけ残して全て販売し、「G-SHOCK」を卒業しました。

手元には40万円の現金が残りました。

ふだんなら決して買うことのない「ROLEX」ですが、
妻の後押しもあり、思い切って買うことにしました。

あの時いろいろ迷いましたが、
今思えば本当に「ROLEX」を買って良かったです。

晶子へ
いつもありがとう
後押ししてくれてありがとう
おいしい料理をありがとう

私は
ついてる
うれしい
楽しい
感謝してます
しあわせ
ありがとう
ゆるします
をいつも口ずさんでいます。

家族からは、キモチ悪がられていますが。
また明日から、仕事頑張ります。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(*^_^*)

斎藤一人さん 「地球が天国になる話(劣等感の話)」

斎藤ひとり「地球が天国になる話」
★私が最近いちばん感動したこと★

ゴールデンウイークの初日ですが、
私が最近とても感動したことをお話します。

皆さんもご存じだと思いますが、
納税金額日本一「銀座まるかん」社長
斎藤一人さんの講演が
たくさん「YouTube」で検索できます。

どれも面白い内容ですが、
偶然「劣等感の話」という95分の長い話を聞いて
私は涙が止まりませんでした。

「地球が天国になる話(劣等感の話)」
https://www.youtube.com/watch?v=45P_pYe_7xg



この話を聞いて、私の子供時代を思い出しました。

私は子供のころ、物を盗んだり、
ウソをついたりする子供でした。

父親から、とても厳しく育てられ、
悪いことをすると、
暗い押し入れに閉じ込められました。

暗闇がこわく、
泣きながら「もうしません。ごめんなさい。」
と必死であやまっていました。

そんな父親は、私が中学1年の時に
胃がんで亡くなってしまいました。

大好きだった父親が亡くなったショックで、
いつしか「厳しい父親が亡くなって良かった」と
思うようになりました。

父親が亡くなったあと、母子家庭になり、
当時乗っていたクラウンから、
小さな車に変わりました。

いままで通りの好き勝手な生活は
できなくなったのです。

周囲からは「母子家庭」という目で見られ、
大好きだった「カツカレー」は遠慮して、
単なる「カレー」を食べるようになりました。

母親と一緒に、休みの日はいつも宗教活動をして、
「先祖供養」中心の生活だったような気がします。

母親は私と姉を立派な人間に育てるために、
中学生1年から高校3年まで、
数学の家庭教師をつけてくれ
一生懸命勉強させてくれました。

私も母子家庭から抜け出して
偉くなりたかったので、必死で勉強しました。

そのおかげで、姉弟ともいい大学に
入ることができ、今の生活があります。

そんな私ですが、
大変「怒りっぽい」性格で、
いつもイライラしています。

こんな私のイライラは
全て「劣等感」=「恐怖心」から
きていたようです。

私の「恐怖心」とは、
実は「死にたくない」という
「死を恐れる恐怖」だったのです。

43歳で亡くなった父の死を見てから、
「死への恐怖」が大きくなり、
私に残るようになっていたのです。

誰でも同じだと思っていたのですが、
この斎藤一人さんのお話を聞いて、
私の劣等感の正体がわかり、
死が怖くなくなりました。

斎藤一人さん
「地球が天国になる話(劣等感の話)」
https://www.youtube.com/watch?v=45P_pYe_7xg



これを聞いて、父親のことを思い出し、
涙が止まりませんでした。

95分の長い話ですが、
私はCDも購入して、30回以上聞いています。

ひとりさんの教え通り
100回以上聞いて、自分の劣等感を無くしたいと思います。

ついてる
嬉しい
楽しい
感謝してます
しあわせ
ありがとう
許します

良い言葉です。

朝から長文で、
暗いお話ですみませんが、

よく怒る(私の様な)上司を持ってツライ人(笑)

両親との関係がうまくいっていない人

子供をつい怒ってしまう人

子供をたたいて教育している人

※私も長男が3才まで、
父親と同じように、正座させたり、
叩いたりして厳しく育てました。

それが当たり前だと思っていました。

しかしそれが間違っていることを
多くのセミナーや研修で学び、
子供に優しく接することができるようになりました。

今すぐ聞いてください。

「地球が天国になる話(劣等感の話)」
https://www.youtube.com/watch?v=45P_pYe_7xg



何回も何回も聞いてください。

きっと毎日が楽しくなります(^O^)
くまちゃんの自己紹介
くまちゃんの 楽しい日記


熊橋武彦(Takehiko Kumahashi)くまちゃんは、平成17年(2005年)11月から、このブログ(日記)を書いています

苦しかった母子家庭を乗り越え、大好きな斎藤一人さん・大嶋啓介さん・中村文昭さん・ベトナムと出会って、今は「幸せ絶好調」になりました

私と出会って頂いたすべての皆様に、心より感謝申し上げます

これからも「世界中を明るく笑顔」にできるように、このブログを書き続けます!


● 自 己 紹 介 ●

生年月日:昭和43年9月18日生まれ 
乙女座 51歳
出 身:兵庫県たつの市新宮町
身 長:184cm
血液型:B型 負けず嫌い
現在の住まい:千葉県浦安市
家 族:晶子さんと祐人(22歳)と直也(20歳)
仕 事:畳を作る機械を日本中で販売しています

c56f9c2c

父親は祖父が経営する製材所の
専務をしており
私は裕福な家庭に生まれました


027260b3

17229e5c

8ff25d37

昭和56年(12歳):中学1年の夏、父親がガンで亡くなる

20431588_1475345829212576_939782404829543272_n

突然母子家庭になり、不自由な生活となり
全て「人のせい」にして生きるようになる

昭和59年(15歳):兵庫県立龍野高等学校入学

苦しかった中学・高校時代
とにかく
勉強して偉くなることしか考えていなかった

0a7f6fe6

毎日の勉強と厳しい剣道の練習と
楽しいデートを両立させる

当時は細くて背が高く
髪の毛もフサフサしていました(笑)

昭和62年(18歳):神戸大学工学部 工業化学科 現役合格

神戸大学の寮に入り
麻雀と塾の講師と合コンで4年間を過ごす

平成3年(22歳):神戸大学工学部を卒業

地元兵庫県たつの市の会社に入社
研究開発本部で新商品の企画・設計を行う

レーザースントリー、検助、オートスントリー
カーテン形状記憶パーマネントフィニッシャーの開発を行う

平成6年(25歳):大学時代の友人の紹介で、晶子さんと出会う

研究開発本部 主任に昇格

平成7年6月(26歳):晶子さんと結婚

阪神淡路大震災で
結婚式を予約していた神戸にホテルが壊れ
姫路のホテルで結婚式を行う

56464340_2233607446719740_4420969606261243904_n

平成9年(28歳):長男(祐人)誕生

22815057_1555250557888769_3832791137189934868_n

平成10年(29歳):
故頃安新会長の元、社長室 総合企画課に転属

平成11年(30歳):次男(直也)誕生

38518092_1881084645305357_5500356580656283648_n

社長室 総合企画課 課長代理に昇進

平成13年(32歳):
東京支社 総合企画課 転勤を希望して家族で上京

平成14年(33歳):
「畳店様の構造改革」に出会い、人生が大きく変わる

斜陽産業と思っていた畳業界が大好きになる

平成17年(36歳):
営業本部 畳事業部 東日本統括 部長代理就任

平成19年(38歳):営業本部 畳事業部 統括部長就任

平成23年(42歳):
CS(コンピューターシステム)30周年を迎える

畳業界No.1機械メーカーの責任者として、全国の畳店さんを
今まで以上に元気にすることを誓います!

平成24年7月(43歳):会社の仲間と富士山初登頂
http://kumachan-nikki.ldblog.jp/archives/52034726.html

083e93c4

非常に厳しい登山でダイエットを決意

12745470_1000764173337413_596432162441791735_n

平成25年8月(44歳):家族4人で富士山頂ご来光成功
http://kumachan-nikki.ldblog.jp/archives/52046014.html

a1b0db17-s

平成26年9月(45歳)
大嶋啓介さんの講演を初めて聞く

平成26年10月:
斎藤一人さんの生講演
初めて斎藤一人さんの生講演を聞いて感動する
http://kumachan-nikki.ldblog.jp/archives/52143152.html

18de7b3e

平成26年10月:大嶋啓介さんの「人間力大學」入学
ここで人生が大きく進化する
http://kumachan-nikki.ldblog.jp/archives/52226604.html

14222255_1145595115520984_6650357053599388976_n

平成27年3月(46歳):初めて「ベトナム」ハノイ訪問
ベトナムが大好きになる
http://kumachan-nikki.ldblog.jp/archives/cat_50056531.html 

49

平成27年7月:「salesforce活用自慢チャンピョン大会」優勝
http://kumachan-nikki.ldblog.jp/archives/52138353.html

12742148_1000764170004080_8796038976268964479_n

平成27年9月(47歳):サンフランシスコ「dreamforce」参加
http://kumachan-nikki.ldblog.jp/archives/cat_50056787.html 

12742447_1000764166670747_1648668362370822382_n

平成28年4月:祐人(長男)「早稲田大学」理工学部 入学

13442130_1073234236090406_4878849160341840934_n

平成28年5月:結婚20周年記念 夫婦でフランス「パリ」旅行

13442402_1073234239423739_626728387830240181_n

平成28年9月
(48歳):初開催「くまちゃん誕生日会&感謝祭」大盛況!
http://kumachan-nikki.ldblog.jp/archives/52178498.html

P1130721

平成28年10月:2度目の「ベトナム」訪問
ホーチミン・ハノイ
http://kumachan-nikki.ldblog.jp/archives/52182240.html

680804b5.jpg

平成29年1月:3度目の「ベトナム」訪問
ホーチミン・ダナン・ホイアン
http://kumachan-nikki.ldblog.jp/archives/52203699.html

6458f005

平成29年4月:第1回「東京ベトナム大好き交流会」スタート
今でも毎月1回東京で開催しています!
http://kumachan-nikki.ldblog.jp/archives/cat_50057534.html

41894015_1943770085703479_9190633541266833408_n

平成29年5月:4度目の「ベトナム」訪問
ハノイ「日本語センター」初講演
http://kumachan-nikki.ldblog.jp/archives/52198424.html

ハノイ520

平成29年8月:5度目の「ベトナム」訪問
ハノイ・ホーチミン 日本語センター4校講演
http://kumachan-nikki.ldblog.jp/archives/52213077.html

23131997_1561175390629619_3734566729124463547_n

平成29年9月(49歳):6度目の「ベトナム」訪問

平成30年4月:直也(次男)「日本大学」商学部 入学

31416882_1751700808243742_2016215694948958208_n

平成30年10月:初めて「中国」寧方訪問
http://kumachan-nikki.ldblog.jp/archives/52241553.html

20181013

好きな事:
サッカー(浦安市FCギャルソンのコーチをしていました)
ゴルフ・スキー・テニス・剣道(小1から始めました)
水泳・海水魚飼育・ビールを飲む事・読書・サーフィン
カラオケ:B’zT−BOLAN・チェッカーズ
※剣道でノドを鍛えたので、「マイクいらない」と言われます

仕事と家庭も絶好調で、毎日楽しく暮らしています。
東京ベトナム大好き交流会
東京ベトナム大好き交流会
http://yeu-vietnam.blog.jp/


yeu-vietnam1
熊橋武彦 300人の前で発表
くまちゃんの幸せ人生が判る 7分間の発表動画を初公開!
記事検索
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ